爪のケアのプロになる|k-twoスクールでスペシャリストになろう
ウーマン

k-twoスクールでスペシャリストになろう

爪のケアのプロになる

手

活躍できる場が広がる

ネイリストになるには、資格が必須というわけではないので高い技術力や知識があれば資格がなくてもネイルサロンで働くことは可能です。しかし、何かしらネイルに関する資格を持っている方が活躍できる場が広がり就職や転職にも有利であると考えられています。そのため、ネイル関係の仕事をしていくのであれば資格を取得しておくと良いでしょう。主な資格には、ネイリスト技能検定試験とネイルスペシャリスト技能検定試験があります。主催する団体が違うのでどちらの資格を取得しても良いですが、どちらか一つに絞る場合は一般的に知名度が高いネイリスト技能検定試験を取得すると良いでしょう。取るからには、一級を目指して取るようにすると良いです。

身につく授業を受ける

ネイルの資格取得には、通信講座を利用する方法や独学で教材を用意して勉強する方法もありますが学校に通いながら学ぶようにすると最も良いと言われています。通信講座や独学で勉強する場合は、詰め込んでの学習になってしまうことが多く実践的な技術を身につけることが出来ないことがあります。独学でもしっかりと必要なことを学ぶ高いモチベーションがあれば良いですが、そうでなければしっかり身につく授業が受けられる学校を選ぶほうが良いです。資格取得支援のサポート体制が充実していて、短期間でしっかりと内容が充実した授業が受けられる学校も多いので学校選びは慎重に行い自分に合った授業が受けられるようにすることが大事になります。